新卒入社した会社を1年で辞めて良かった事・悪かった事




以前「人生は1度きり、失敗しても絶対にやりたい事をやって生きた方良い」にも記載した通り、私は新卒で入社した会社を1年きっかりで辞めました。入社翌年の3月末の事です。辞めた理由は端的に言えば
  • 毎日全然楽しくないし(むしろ憂鬱)
  • サボる事ばっか考えてて全く有意義でない
からです。先輩社員には
  • せめて3年は続けないと意味がない
  • まだ始まったばかりなのに何もわかってない
  • こんな事でくじけるなんてどこの会社でも通用しない
  • 今を乗り越えれば楽しくなるかあと少し頑張ろう
テンプレのオンパレード!!確かに先輩方の意見も一理あると思います。実際続けてたら楽しくなっていたかもしれないです。でも、続けられるメンタルじゃなかったんですよね。今乗り越えれば…なんて思えてたら辞めないですよね。
んで、結局辞めた。結果、良い事8割・悪い事2割でいい事だらけだったんです。それぞれ紹介して参ります。

新卒入社1年で会社を辞めて良かった事

1.自由!とにかく自由。

フリーダム
最初に思う事はこれです。何をしよか、何の制約もなく自由に選択する事が出来ます。勉強しなおしたい事を勉強してもよし、しばらくフリーターになっても良し、朝寝坊してもOK!平日に外出出来る!自由って素晴らしい。辞めた翌日は世界が広く、輝かしく、期待に満ち溢れた気分に浸ってました。

2.肩書から解放され、視野が広まった

新世界
これはちょっと特殊化もしれませんが、私は小学校から大学まで所謂、“有名私立学校”に通っていました。将来はきちんとした企業に入って、きちんと働く、という固定概念にしばられ、この肩書こそ価値のあるもの、この肩書を活かさないと意味がない、と肩書の呪縛にあっていました。そして13年間の時を経て私は遂に肩書に解放されたのです。
しかし会社を辞めても経歴が消えるわけではありませんし、学歴・経歴があっても人生成功する約束はありません。今後どう生かすかが大切なんだ、という視点を持つ事ができ、今まで見ようとしてこなかった世界を知る事が出来ました。

3.転職先にまったく困らない

選び放題
1年で会社を辞めた事、が足かせになって就職が出来ない、なんて事は一切ありませんでした。現在の日本に存在する会社はなんと400万社以上!!!会社なんて色んなとこで試すのがいいんです。むしろ今後の社会では転職しない方がリスクになってくるかも…なんて思えるほど。
ちなみに、転職後給料は右肩あがり!小さい会社の方が色々任せてもらえるし、自分のパフォーマンスが直接給料に反映されやすいも魅力ですね。

4.自分の判断力・決断力が上がる

コレは嫌
1社目を辞めているわけですから自分の中で少なくとも“何が嫌なのか”はハッキリしています。物事を決める時に何となくという事が減り、自分が何をしたくなくて、何がしたいのか、がより顕著に表れてくるので自然と物事の判断基準が決まって来てそれに対しての決断もスパっと出来るようになりました。

5.選択肢が広がる

選択肢が広がる
転職をし、様々な事にチャレンジしていくうちに自然と経験は蓄積されていきます。出来る事が増え、知識がつくと選択肢が広がります。すると今まで考えもつかなかった新たな道が広がります。その結果私は在宅勤務という選択を見つけそれを獲る事が出来ました。在宅勤務できる技術的なスキルは新卒入社した会社を辞めてから培った物ですから、あの時辞めてなければ今の生活はなかったでしょう…そう考えると、本当に辞めて1歩を踏み出してよかった…!

新卒入社1年で会社を辞めて悪かった事

今となってはナイのですが、強いて言えば金銭面。辞める前にもっと貯金しておけばよかった~的な。けっこうな額の初任給をもらっていたので少し感覚がおかしくなり始めていたわけで、その調子でお金を使い続けてたらそりゃ底もつきますよね。まあ、その経験で貯蓄の大切さに気づけたので結果オーライではありますが。(とてもポジティブ。)
貯金がない人は、収入元の目途を立てておいた方がいいです。と言ってもこの世の中20代前半なんてアルバイトなら選びたい放題なので収入ゼロなんて事はありませんのでご安心を。

辞めてる前にしておけば良かった事

辞めてからしばらくフリーターを予定している方は辞める前に審査が必要系の引っ越しやクレジットカードの発行等は済ませておくと良いでしょう。フリーターより正社員の方が通りやすいですからね!

まとめ

辞めていいことだらけでした。周りにも即転職した同期が何名かいましたが、皆口をそろえて良かったと言っています。ネガティブな意見は皆無ですね。新卒1年だろうが、半年だろうが、嫌なら辞めればいいんです、別に何も困らないですし、本当に良い事だらけなので!悩んでるだけ時間の無駄無駄♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください