WEBデザイナーの転職~成功させるために必要な視点や戦略は?

WEBデザイナーの転職の戦略




現在WEBデザイナーとして働いている方のなかには転職を考えている人も少なくありません。

ただ転職を希望しているとしても、なかなか思うように転職活動ができなかったり、どのように転職活動を行ってよいか分からないという人もおられるでしょう。

ここではWEBデザイナー転職市場がどのようになっているかをお伝えし、転職を成功させるためにどのような視点が必要なのか紹介していきます。




WEBデザイナー転職の状況について

インターネットの普及によりWEB業界は以前にも増して拡大しており、WEBデザイナーの需要はさらに高まりを見せています。

WEBデザイナー転職する先の多くはWEB制作会社になりますが、大手から個人で立ち上げた企業まで規模はさまざまです。

人気の企業は採用が出されればすぐに採用が決まってしまう状況であり、小さな企業であれば募集はそれほど多くありません。

 

いずれにしても中途採用においては、現場の即戦力が求められていることは間違いなく、転職前に自分自身のスキルがどのくらいなのか把握しておくことが大事です。

そして企業が求めるスキルをすぐに提示できるようにしておかねばならないのです。

WEBデザイナーの転職理由で多いもの3選

WEBデザイナーの転職の戦略01

労働条件が悪い

WEBデザイナー転職を考える理由の一つに、労働条件によるものが多くあります。

WEB制作の現場では労働時間が長くなりがちですので、ワークライフバランスがうまく取れないことで悩んでいる人が多くいます。

スキルアップ、ステップアップしたい

WEBデザイナーは、他社からの依頼によって業務を行うということが圧倒的に多いでしょう。

WEB制作会社では、自社でメディアを運営しているところもありますが、受託によって収益を得ているという方が多いのが現状です。

他社からの依頼の場合、ある程度のスキルがあれば対応することができ、またそれ以上に業務内容をランクアップさせるということがありません。

そのため自社メディアなどにおいて、サイトディレクション側として活動していきたいという人は少なくありません。

スキルを高め、ステップアップし続けていくには、そのような環境に身を置くしかないでしょう。

人間関係

職場によっては、小さな空間で業務を行うことになりますので、この人間関係というのはとても重要な問題となります。

業務だけに専念できない雰囲気、空気などはどの企業でもありますし、単に仲が良いとか悪いとかという問題だけではなく、余計なストレスで悩まされるようなこともあります。

いい関係の中で誰しも働きたいのはやまやまですが、その理想と現実のギャップを埋めることができずに退職を決意するというのはWEBデザイナーに限った事ではありません。どの業種や業界でも退職理由の上位に入るものでしょう。

WEBデザイナーが転職を成功させるために必要な視点

WEBデザイナーの転職の戦略02

転職目的を明確にさせる

転職したい」と考えると現在の業務にやる気がなくなってしまう人がたくさんおられます。その決意が固ければ固いほど、気持ちが抜けてしまうのは誰しもあることです。

しかし転職の目的は、現在の職場を退職するためだけではなく、将来の自分自身のためであるということを今一度明確にしておきましょう。

自分自身がWEBデザイナーとして、これからどうしたいのかハッキリさせていきます。

  • 今後どのようなスキルを獲得していきたいのか
  • どのような業務を行っていきたいのか
  • どのように働いていきたいのか

明確にさせることができるのならば、現在の業務もしっかりと行うことができますし、新たな自分自身のための転職活動ですから、真剣になるはずです。

転職スケジュールを決める

「最悪な転職」はどのようなものか挙げるとすれば、何の計画もなしに退職し、目に付いた求人に応募して採用してもらうというものでしょう。

このような転職をする人は、また同じような内容でつまずき、転職を繰り返すことになります。そして、特に目立ったスキルを獲得できないまま、報酬も下げ続けてしまうのです。

また「転職したい」と考えてはいるものの、だらだらと現在の仕事をし続けていくのも、やる気も起きませんし自分自身にとって何のメリットもありません。

ステップアップのために転職を希望するのであれば、まずは企業の情報を得なければなりません。WEBデザイナーはどの時期でも多くの求人が出ていますが、人気の企業では時期が決まっていることもあります。

短絡的に転職活動するのであれば、このような人気企業の情報を逃してしまうこともあります。「転職する」という意思を固めたならば、3ヶ月~半年という期間を定めて転職活動を行うようにすることがベストです。

実績・スキルを把握する~ポートフォリオの考え方

WEBデザイナーの場合、大事になってくるのが「実績」「スキル」です。

中途採用の場合であれば、企業は即戦力を求めてきますので、自己分析をしっかりとしておきアピール材料を持ち合わせておくことが必要です。

 

求人を出している企業によっては、求めてくる実績に違いがあることは当然です。

グラフィックにこだわる企業であれば、それらの実績をアピールできるようにしておかねばなりませんし、言語によるコーディングにこだわる企業であれば、HTML/CSS・JavaScriptなどの知識を整理しておく必要もあるでしょう。

これらの実績をアピールするために「ポートフォリオ」にはしっかりと取り組んでおかねばなりません。

ある意味、自分自身をアピールするための「作品集」ですから、企業側から高いセンスを求められることもあるのです。

 

WEBデザイナーの転職~成功させるために必要な視点や戦略まとめ

WEBデザイナー転職を成功させるために必要な視点をまとめてみました。WEBデザイナーはこれからも社会で必要とされる職種ですので、求人はどんどん増えていくでしょう。

 

ただし求められるスキルはどんどん高いものになっていきます。便利なサービスが増えていく中で、一般の人でもある程度の作品が簡単につくれるようになってきました。そのためWEBデザイナーには高品質の業務を求められているのです。

 

自分自身のスキルを高めることが、そのままステップアップに繋がっていく世界です。自分がどのように業務に取り組んでいけばいいのかという戦略を考えながら、転職を成功させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください