Photoshopのショートカットキーを使いこなして、時短デザインをしよう




皆さんはPhotoshopショートカットキーを使用していますか?

いちいちクリックして次にどの動作をするのかを選択するよりも、ショートカットキーを使用して作業を行えば、作業時間はかなり短縮されます。

Photoshopショートカットキーは大量にあるので、私の全ては使用出来ておりませんが、特によく使用する物、使った方が良い物を重点的にご紹介致します。




Photoshopのショートカットキーとは

Photoshopのショートカットキーとはキーボードの英字で「選択ツール」や「テキストツール」等に瞬時にカーソルを切り替えられる機能です。

通常ならマウスをドラッグして、次に何のツールを使用するかをクリックして選びますが、ショートカットキーを使用すればその手間が省けます。

Photoshopショートカットキーの使い方

使い方は非常に簡単で、特別な設定等も行う必要はありません。しかしショートカットキーは入力モードが半角英字になっていないと使用する事が出来ませんのでご注意下さい。

photoshopのショートカットキーを活用しよう01

Photoshopのカンバス上で各ツールで指定されている英字を打てばカーソルが切り替わります。

Photoshopのショートカットキー一覧

早速、一覧にしてphotoshopのショートカットキーを見ていきましょう。

ツール名 用途 ショートカットキー
選択ツール カンバス上のレイヤーを選択します V
長方形・楕円形選択ツール 一定の箇所を選択します M
クイック選択ツール 一定の範囲を選択します W
切り抜き、スライスツール カンバス自体を切り抜いたり、スライスします C
多角形選択ツール・投げ輪ツール 一定の範囲を選択します L
ブラシツール フリーハンドで描く事が出来ます B
スタンプツール 選択箇所を起点とし、同様の模様でスタンプが押せます S
消しゴムツール 消しゴムです E
テキストツール テキストを打ち込めます T
長方形等のシェイプツール シェイプを作成します U
手のひらツール レイヤー関係なくカンバス全体を掴み移動出来ます H

普段から活用しているのは上記の11個のショートカットキーになります。

これがないとPhotoshop触れない!というレベルで使用頻度高めです。

注意
テキストを打ち込んだ後のみ、カーソルで切り替えないといけないです。それ以外は全ての場合ショートカットキーが有効になります。

とりあえず覚えた方がいいショートカットキー

すぐに全てを使いこなすのは中々難しいと思うので、まずは覚えた方が良いショートカットキーをお伝えします。

  • 選択ツール「V」
  • テキストツール「T」
  • シェイプツール「U」

この3つはかなりの頻度で使う事が多いと思うので、是非次にPhotoshopを使う機会に試してみて下さい。

Photoshopのショートカットキーを使えば時間短縮

このように、ショートカットキーを使うのと使わないのでは制作時間が全然異なってきます。

最初は使い慣れないかもしれませんが、覚えればショートカットキーなしではデザイン出来なくなるはず。コピー&ペーストもわざわざ右クリックしてコピー→貼り付けを行っている人はほとんどおらず「Ctlr+V」「Ctlr+C」で済ませる人がほとんどです。

ショートカットキーを使いこなす

  • 使えば時間短縮でストレスフリー
  • まず覚えるのは「V」「T」「U」
  • プロは皆使っているので取り入れるべし

是非、Photoshopショートカットキーを使いこなして、快適なフォトショライフを送って下さい♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください